カフェ・ベローチェのアイスコーヒーが「ほぼ毎日」1.6倍増量になっている!

veloce-1

何故か最近入り浸っているカフェ・ベローチェで「ほぼ毎日」アイスコーヒーとアイスティーのMサイズが無料でLサイズになるキャンペーンを実施中です。

スポンサーリンク

カフェ・ベローチェで「1・7・2(イイ夏)のつく日はサイズアップ無料!」キャンペーン実施中

最近、「ほぼ毎日」下手すると1日2回ほど入り浸っているカフェ・ベローチェで、

「1・7・2(イイ夏)のつく日」にアイスコーヒーとアイスティーのMサイズ(税込210円)が無料でLサイズ(1.6倍増!)

となるキャンペーンが実施中です。期間は、2018年7月7日(土)~8月31日(金)

veloce-3

「1・7・2のつく日」だけの限定キャンペーンなのですが、「1・7・2のつく日」って結構あるんです。56日の期間中、該当しないのは10日間だけなので、「ほぼ毎日」キャンペーンが適用されます。

最近カフェ・ベローチェに「ほぼ毎日」入り浸っている私には、とてもありがたいキャンペーンであります。

https://chatnoir-company.com/veloce/campaign/summer2018/index.html

というわけで、普段は頼まないアイスコーヒーをいただいてみました!

カフェ・ベローチェのアイスコーヒーの感想は?

普通です。苦みと酸味がやや強めではありますが、全体的にあっさりとしています。かといって、決して薄くはないごく普通のアイスコーヒーです。

税込210円でLサイズ(通常250円)分飲めるならコストパフォーマンスはとても高いと思います。

カフェ・ベローチェとは?

言わずと知れたカフェのチェーン店。よく見かけますよね?運営は「株式会社シャノアール」、設立は1965年です。創業当初は「珈琲館シャノアール(現在のコーヒーハウス・シャノアール)」としていわゆる喫茶店を展開しており、「カフェ・ベローチェ」は1986年より展開されています。

「カフェ・ベローチェ」を主業態として「コーヒーハウス・シャノアール」などの直営店は全国で200店舗。それほど多くは無いのですが、「割とよく見かける」気がします。

カフェ・ベローチェの特徴は?

味は普通!極めて普通!

アイスコーヒーの感想でも触れましたが、良くも悪くも「普通」であることが最大の特徴です。普段よく飲むブレンドコーヒーも、

「格別美味しいわけではないが、決してまずくはない」

ただこの「まずくはない」ことが重要で、酷くまずいコーヒーを平気で出す喫茶店が多い中、「ちゃんと飲めるコーヒー」がMサイズ200円・Lサイズ240円(共に税込!)でいただけるのはとてもありがたいことです!

店員さんの仕事っぷりが気持ちよく、居心地のいい店

カフェ・ベローチェのどこの店舗にいっても不快な思いをしたことが私はありません。これはとても重要なことで、

レジの待ち時間が長い、空いている席が無い、テーブルが汚れていた、wifiに接続できない、水が切れていた、トイレが汚い、トイレが混んでいる

などなど、カフェに行くと結構「ムカッ」とすることが多いですよね。カフェ・ベローチェでは、そのような不快感を感じることが(今のところ)ありません。

よくよく店員さんを見てみると、決して饒舌でも愛想がいいわけでもありませんが、店名の由来

veloce = イタリア語で「速い」

でもある「迅速さ」で、立ち回っていることがわかります。

値段が安いためか店内は結構賑やかですし、コーヒーの味も先述した通り決して特別美味いわけではありません。が、よく教育された店員さんの動きや店全体の雰囲気が「居心地のいい雰囲気」を作っている気がします。

無料wifiも完備。コンセント設置席もあり

また、free wifiである「veloce FREE Wi-Fi」も1時間単位で1日6回まで利用できますし、コンセントが設置されている席もあり、PCを持ち込んで軽い作業をすることも可能です。wifiの速度も普通(笑)。特別早いわけではありませんが、遅くもなく、不満があるとすれば1時間に1回の接続の更新画面が新しいタブで開いてくれないことぐらいでしょうか。

というわけで、最近私が入り浸っているカフェ・ベローチェのご紹介でした。何事も普通が一番!普通が当たり前のお店が一番居心地がいいものです。

店舗検索|株式会社シャノアール
株式会社シャノアールの店舗検索ページです。地図もしくは条件から店舗情報を検索できます。

コメント