大手コンビニのコーヒーを飲み比べてみました~2014年夏アイスコーヒー編~

シェアする

 私、実はホットコーヒー派でして、暑い時も寒い時もコーヒーはホットで飲みます。そのため、本格的なアイスコーヒーを飲んだことがほとんど無かったのですが、前回「大手コンビニのコーヒーを飲み比べてみました~2014年夏ホットコーヒー編~」を書き、いい機会ですのでアイスコーヒーも飲み比べてみました。前回同様、最もポピュラーな商品をブラックでいだいた個人的な感想です。

スポンサーリンク

セブンイレブン

 一口目、程よい苦味と甘味が口に広がります。コクはそれほど強くなく、酸味はほとんど感じません。後味はほのかな苦味と甘味。ぐいっと飲める切れのいいコーヒーだと思います。氷が解けて常温に近づくと、甘味が前面に押し出してきて幸せな気分になります。ただ、たっぷり入った大き目の氷はなかなか解けてくれず、長い時間楽しめます。

 真夏の外回りで汗をかいた後に一気に飲むもよし、オフィスでゆっくりと味の変化を楽しむもよし、とてもよくできたコーヒーだと思います。普段ホット派の人にも自信を持ってお勧めできる一杯です。

コク ★★
香り ★★★
苦味 ★★★
酸味 ★★
甘味 ★★★

ローソン

 一口目、強いコクと苦味が口の中に広がります。後味は控えな甘味も感じるのですが、苦味が勝ります。ホットコーヒーの時に感じた複雑な味は影をひそめ、「強いコーヒー」の印象が前面に出てきます。氷が解けて常温に近づくにつれて、隠れていた甘味とまろやかさが顔を出してきますが、やはり深入り豆の香ばしい苦味が味の中心です。ホット同様味の変化が楽しめますので、オフィスで時間をかけていただきたい一杯です。

コク ★★★★
香り ★★★
苦味 ★★★★
酸味 ★★
甘味 ★★

ファミリーマート

 一口目、ほのかな苦みとさわやかな甘みが口に広がります。酸味はほとんど感じません。フルーティーなコーヒーです。氷が解けて常温に近づいても、そのまま薄くなる印象です。個性的なインパクトがあったホットコーヒーとは異なり、優等生のイメージです。

コク ★★
香り ★★★
苦味 ★★★
酸味 ★★
甘味 ★★★

サークルKサンクス

 一口目、苦味と酸味と甘みのバランスがよく、口の中にコーヒーの旨みがさっと広がり、すぐに消えていく、とてもキレのいいコーヒーです。コクも控えめで一気にごくごくといけそうです。氷が解けて常温に近づいても印象は変わらず。からっからに乾いたのどを一気にうるおしたい時に頂きたい一杯です。

コク ★★
香り ★★★
苦味 ★★★
酸味 ★★★
甘味 ★★★

感想

 バラエティー豊かなホットコーヒーと比べて、各社共「無難」なラインアップです。ある程度時間をかけていただくホットコーヒーと違って、アイスコーヒーはより「透明度」が必要なのかもしれません。苦すぎず、酸っぱすぎず、乾ききった喉を一気に潤しても大丈夫。水に近い属性が重要視されているような気がします。

 けだるく暑い真夏の午後、ワンコインですっきり目覚めさせてくれるアイスコーヒーは、外回りサラリーマンの強い味方ですね。

スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です