2015年版近大マグロのカップラーメンが装いも新たに再登場

シェアする

kindaimaguro2015-1

2014年12月に発売されるやいなや約1か月で150万食が完売した伝説の(?)近大マグロラーメンが、装いも新たに再び発売されました。その名も「近畿大学水産研究所監修 近大マグロ使用 中骨だしのまろやか魚介塩ラーメン」。

前作が「近畿大学水産研究所監修 近大マグロ使用 中骨だしの塩ラーメン」でしたので、新作は「まろやか魚介」が加わったことになります。更に今回は「中骨だしが入ったつみれ」入り!はてさて、どんなお味なのでしょうか?早速食べてみました。

スポンサーリンク

ド派手なパッケージで再登場した近大マグロのカップラーメン、前作よりもこってり感が増しています!

kindaimaguro2015-2

昨年の前作は、マグロの骨を銀色にペインテインぐした「渋派手な」デザインでしたが、今作は金色のマグロの中にラーメンが…、「ド派手な」デザインで再登場です。お値段は238円(税込)と少し高めです。

後入れの液体スープの袋を取り出しお湯を入れて3分、出来上がりです!後入れスープは、こてこての豚骨系。混ぜ合わせると、表面に油が浮かび前作以上に「こってり感」が増した様子です。ねぎの青と唐辛子の赤が食欲をそそります。

では、いただきます!

濃厚だがしつこさのないスープと細麺、メインのつみれも味わい深く

kindaimaguro2015-3

ふたをはがすと、生臭さはないものの、魚介系の強い香りが漂います。

では、まずスープから一口。

確かにベースは塩味ですが、魚介系の濃厚な旨みがすぐに口の中に広がります。

旨みが消えた後に、ほんのりとした甘みの余韻がしばらく残るものの、「しつこさ」は全くありません。ラーメンではなくスープとしてでも十分楽しめる味です。確かに濃厚ではありますが、見た目程のの「コテコテ感」は感じられません。上品な味に仕上がっていると思います。

スープの素材は、鶏・豚エキス、鶏油、マグロエキス、カツオエキス、酵母エキス、野菜エキス、ホタテエキス、ポークコラーゲン。何ともにぎやかなメンツですが、喧嘩することなく上手く溶け込んでいると思います。

次に麺を。

麺はちぢれがほとんどない細麺です。濃厚なスープが麺に程よくからみ、のど越しよく(?)食べられます。

そしてメインのつみれをいただきます。

つみれは小さいものの、しっかりとした食感です。ミンチ状の素材が口の中に残り、余韻を楽しむことができます。噛めば噛むほど味が出てくるスルメ系。こちらも単品でも十分おいしく食べることができると思います。

あっという間にスープまで完食です!

完売注意!店頭で見かけたら早めにご購入を!

近大といえば、今年の5月に「ウナギ風味のナマズ」の研究で話題になりました。目の付け所が面白い大学ですよね。

昨年発売の近大マグロラーメンも、あっという間に店頭から姿を消してしまいましたので、お店で見かけられた際は早めに購入されるといいかと思います。ラーメン好きなら後悔はしない味だと思います。

昨年発売の前作「近畿大学水産研究所監修 近大マグロ使用 中骨だしの塩ラーメン」の当ブログの紹介記事はこちらからどうぞ。

養殖で有名な近大マグロのカップラーメンを食べてみた
 昼休みに会社近くのコンビニで、一風変わったカップラーメンを見つけ、思わず衝動買いをしてしまいました。「近畿大学水産研究所監修 近大マグロ使用 中骨だしの塩ラーメン」、マグロラーメンとは珍しい!果たして美味しいのでしょうか? 絶滅危惧種に指定されたマグロが食卓から消える?  マグロと
スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です