2018年の「なんば光旅」が始まりました!「光の滝」は今年も流麗です!

2018年の「なんば光旅」が始まりました!「光の滝」は今年も流麗です!

大阪・光の饗宴2018」のエリアプログラムの一つである「なんば光旅」が2018年11月9日から始まりました。ゲストの「吉田山田」のカウントダウンで始まった「なんば光旅」。心に染み入る名曲「日々」と共に、全長18mの「光の滝」が今年も「なんばパークス」に現れました。

スポンサーリンク

「なんば光旅」とは?

今年で7回目となる「なんば光旅」は、南海電気鉄道とスイスホテル南海大阪が共同して開催しているイルミネーションイベントです。心斎橋や難波などのミナミエリアで毎年開催されている「まいどおお きに!大阪ミナミ光マッセ!」プログラムの一環であり、「大阪・光の饗宴2018」のエリアプログラムにもなっています。今年は、65万球以上のLEDを使用しているとのこと。メインプログラムである「光の滝」は、なんばパークスの9階から2階まで光が連なる圧巻のイルミネーションです。

なんば光旅」は「なんばパークス」の他にも、お馴染みの「なんばCITY」や「スイスホテル南海大阪」、そして2018年10月17日にオープンしたての「なんばスカイオ」でもイルミネーションイベントが行われています。

「なんばパークス」とは?

つい先日まで、広島東洋カープとの日本シリーズを制して3年連続日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスの前進である南海ホークス(1988年に福岡ダイエーホークス)が本拠地にしていた大阪球場(1998年解体)の跡地に2003年に登場した複合施設です。

大都会難波の中心にありながら「緑との共存」をテーマに掲げ、入り口の2階から最上階の9階まで続くパークスガーデンは、2014年度「アメリカCNN世界で最も美しい空中庭園」に認定されるなど、本格的な庭園を満喫することができます。

流麗な「光の滝」は圧巻の一言!


やはり、全長18mの「光の滝」は圧巻の一言です。8階から「光の滝」を俯瞰することができるのですが、人工的な滝の光の流れが流線型の建物のフォルムと見事にマッチしていて、思わず引きずり込まれそうな恐怖を覚える程幻想的な風景となっています。パークスガーデンの豊かな緑と周辺の高層ビルとの対比と相まって、非日常の風景を静かに味わうことができます。

また、8階の円形劇場に「煌めく草原」が今年初登場となっています。決して派手なイルミネーションではありませんが、癒やされる空間になっています。

頑張れ!なんばパークス!

大阪の年末のイルミネーションと言えば、以前は大阪城のプロジェクションマッピングなどのド派手なイベントが印象的でしたが、時節柄年々地味になってきています。この「なんば光旅」も決して派手なイベントではありません。

お洒落な飲食店で賑わう「裏なんば」と比べると人も少なく、イベント中でも寂しい印象は拭いきれません。

なんばパークスの前身の大阪球場は、古い大阪人にとっては思い出深い場所です。

南海ホークスの本拠地であったことはもちろんですが、1979年の近鉄対広島の日本シリーズの「江夏の21球」の舞台でも有名です(近鉄バッファローズファンの私にとっては涙目ですが…)。今年お亡くなりになられた西城秀樹さんの伝説のライブの舞台でもあります。

球場横のスケートリンクはいつも人で溢れかえっていました。ここで初めてスケートを覚えた大阪人も多いのではないでしょうか。

思い出深い「都会の球場」が取り壊され、2003年に「なんばパークス」が完成した頃は再び多くの人で賑わっていたのですが、最近は人の足が遠のいている印象です。

都会のオアシス「パークスガーデン」はいつ来ても四季折々の風景が楽しめますし、本「なんば光旅」など魅力的なイベントも色々行われています。落ち着いた雰囲気で朝から晩までゆったりと楽しめる空間ですので、再び輝きを取り戻して欲しいなと切に思います。

「なんば光旅」実施要項

1.実施期間

2018年11月9日(金)~2019年2月17日(日)

2.点灯時間

なんばパークス」「パークス通」「なんばスカイオ」「なんばカーニバルモール」は17:00~24:00点灯
「なんばCITY」「スイスホテル南海大阪」は常時点灯

3.特典

光を覗くと形が浮かび上がる2種類の特製のホロスコープが貰えます(各先着10,000枚)。
第1弾ハート型 2018年11月9日~12月31日
第2段スマイル型 2019年1月2日~2月17日

4.交通アクセス

南海、大阪メトロ、近鉄,JRの「難波駅」下車5~10分程度

なんば光旅|南海電鉄
Blue One Page Creative HTML5 Template

当ブログの「大阪・光の饗宴2018」関連記事

大阪市中央公会堂のウォールタペストリーに魂を揺さぶられました@大阪中之島
今年の光のルネサンスの目玉企画の一つ、大阪中之島の大阪市中央公会堂で行われている「ウォールタペストリー 大阪市中央公会堂開館100周年記念公演 〜百年の輝き〜」をレポートしてみたいと思います。
大阪の年末の風物詩「大阪・光の饗宴2018」が始まりました!
今年で6年目となる「大阪・光の饗宴2018」が2018年11月4日(月)より始まりました。主に中之島と御堂筋で開催されるコアプログラムとして、・御堂筋イルミネーション2018・OSAKA光のルネサンス2018、大阪府域各所で開催されるエリアプログラム の2本立てになっています。
【御堂筋イルミネーション2018レポート】北御堂のイルミネーションイベント
「御堂筋イルミネーション2018」のスペシャルコンテンツ、北御堂で開催されているイルミネーションイベントに参加しましたのでレポートしたいと思います。派手さは全くないものの、テーマである「流(る)」に相応しい空間を堪能することができました。

★当ブログの「大阪・光の饗宴2014・2015」のバックナンバーはこちらからご参照ください。

イルミネーション
「イルミネーション」の記事一覧です。

コメント