【android修理日記その1】ASUSの7インチタブレットMemoPad ME173が故障したため修理に出した時のお話

シェアする

android

 骨折ネタが続きましたので、気分を変えてASUSの7インチタブレットMemoPad HD7 ME173と、SHARPのスマホ206SHの故障ネタをしてみたいと思います(笑)。この夏、骨折をはさんでタブレットとスマホが相次いで故障しました。「どんだけ運が悪いねん!」という話ですが、起こってしまったことは仕方ありません。故障の状況と修理の経過について書いていきます。

スポンサーリンク

まずは、タブレットASUS MemoPad HD7 ME173、画面下部が大暴走、修理を決意するもののASUSさんのサポートってすごく評判悪いけど大丈夫?

症状

  • 縦持ちにした時の下部分、幅1cm程度の帯状領域において、タップ・スワイプの操作が認識しなくなった
  • 次第に画面全体に及び、誤タップ・誤スワイプを繰り返すようになった
  • 工場出荷状態に戻しても同症状を確認
  • SDカードを抜いても同症状
  •  お手上げです。インターネットで調べてみたところ、同症状の修理報告が数件上がっていました。いずれも、モニターケーブルの交換で修理完了のようです。ただ、ASUSのサポートに関しては酷評がずらり。修理期間も1か月から2か月は覚悟した方がよさそうです。後継のME176が発売された直後でしたので、ぐらりと触手が揺れたのですが、この機種に不満は全くなくむしろ愛着を感じていましたので、思い切って修理に出すことにしました。

    修理の経過報告、ASUSさんのサポートは完璧でした!

    ASUSの修理窓口はこちら

    ASUSTeK Computer Inc. -Support- サービスセンター

    メールと電話での問い合わせが可能です。なお、トラブル対応切り分けのためタブレット本体の初期化が必要なケースが多いため、事前にバックアップをとっておくとスムーズに進行するかと思います。

    経過

  • 7月19日 ASUSのサポート窓口に電話。修理依頼。
  • 7月21日 宅配業者が自宅まで来て引き取り
  • 7月30日 修理内容の説明とデータ消去の確認電話
  • 8月4日 修理品を自宅にて受領
  • 計17日

     マザーボード交換で修理期間17日でした。1~2ヶ月を覚悟していましたので、うれしい誤算です。サポートの対応も、経験者の私の目から見ても満点でした。初期対応に当たった男性からも、経過報告の電話対応をしてくれた女性からも、気遣いの気持ちが伝わってきました。よく訓練されていると思います。

     先日、ASUSがAppleを抜いてタブレットの世界シェアのトップになったというニュースを目にしましたが、さすが勢いのある企業は「改善」も手早いものだなと感心した次第です。知人にASUSの営業さんがいるのですが、その方からも

    「うちのサポートはひどい…。何回ケンカしたことか…」

    と聞かされていましたが、今回の私の修理過程に限って言えば、非の打ちどころは全くありませんでした。

    ASUSを大いに見直した2014年の夏

     修理期間も郵送の往復2日間を除けば、2週間強ですので十分合格点です。昨年、Nexus7やMemoPad HD7 ME173が売れに売れまくりましたから、修理のオーダーも半端ない数抱えていることと思います。ASUSで修理やサポートに携わられる方の激務が想像されますが(下請けさんだとは思いますが)、くれぐれも体調に気を付けて、お仕事頑張ってくださいね。

     治していただいたタブレット、これからも大事に使わせていただきます!ありがとうございました!

     次回は、SHARP製のスマホ206SH、キャリアはソフトバンク、の故障の状況と修理の経過について書いていきたいと思います。こちら、現在進行形で、ややトラブル気味です…。

    ★当ブログのMemoPad HD7 ME173 故障・修理関連記事はこちら★

    【android修理日記その4】相次いで修理に出したMemoPad ME-173と206SHのその後
     7月末にASUSのタブレットMemoPad ME-173が、8月末にSHARPのスマホ206SHが故障し、修理から帰ってきました。その後、極めて快調に動いてくれています。 「運が悪い」と言ってしまえばそれまでなのですが、両端末共に修理前、修理後に共通点がありましたので、少し考えてみたいと
    またもや「壊れかけのタブレット」、修理か?新規購入か?どうする?
     昨年8月に修理から帰ってきたASUSの7インチタブレットMemoPad HD7 ME-173ですが、また液晶まわりの挙動がおかしくなってきました。また修理に出すべきか新たな機種を購入すべきか悩ましいところです。 「スワイプの開始地点をタップと誤認識してしまう」など、かつて見た光景が再
    バックアップの目的と方法について for Android
     再び液晶の挙動がおかしくなったASUSの7インチタブレットMemoPad HD7 ME173ですが、 修理するにせよ新たな機種を購入するにせよ、バックアップは必要です。何をどんな方法でバックアップするのがベストか?今回は、完全に動作不良になる前にバックアップの目的と方法について考えて
    MemoPad HD7 ME173のバックアップをとりました
     前回、液晶のタップ不良いわゆる「お化けタップ」=「意図しないタップが多発する。スムーズなスワイプができない」が発生しているASUSの7インチタブレットMemoPad HD7 ME173のバックアップの目的と方法について考えてみました。  今回は、具体的にバックアップをとってい
    ケーブルの抜き差しで修理に出さず復活しました@MemoPad HD7 ME173の液晶画面お化けタップ問題
     昨年8月に修理から帰ってきたばかりのASUSの7インチタブレットMemoPad HD7 ME173の液晶で、誤タップや誤スワイプ等が多発するいわゆる「お化けタップ」現象が発生しています。ユーザデータとアプリケーションデータのバックアップが完了しましたので、まずは一安心です。  改めて

    (追記)2015年9月、タブレットを買い換えました

    2年もの間、通勤時の友として大活躍してくれたMemoPad HD7 ME173ですが、いよいよバッテリーの劣化が進んだため新しい7インチタブレットASUSのZenPad 7.0 Z370Cを購入しました。
    レビュー記事を書いていますので、こちらもご参照ください。

    MemoPad HD7 ME173のバッテリーが劣化!次の相棒はASUSのZenPad 7.0 Z370Cに決定!
     1年前に液晶の不具合で修理に出し、半年前に液晶ケーブルの抜き差しで誤タップ現象をクリアしてきたASUSのMemoPad HD7 ME173ですが、ここにきてバッテリーの挙動が怪しくなってきました。 バッテリー容量の減り具合が異様に早い 残容量が一気に半分以下に減少する 満充電の状態か
    ASUSの7インチタブレットZenPad 7.0 Z370Cを3か月使ってみてわかった長所と短所
     MemoPad HD7 ME173の後継として導入したASUSの7インチタブレットZenPad 7.0 Z370Cですが、購入当初は「手のかかるやんちゃなヤツ」でしたが、何とか「飼い馴らし」毎日の通勤の欠かせぬ相棒となっています。  3か月間使ってきてわかったZenPad 7.0 Z37
    Z370Cが突然バッテリー残量低下!起動しない!対策は?
    先日のとある朝のこと。寝る直前に十分なバッテリー残量があったはずのASUS Zenpad Z370Cが起動しません。バッテリーの容量不足のようです。スリープ状態だったのに、たった6時間で90%以上放電してしまった?常駐ソフトの暴走?本体異常?バッテリーの限界?色々考えられるところではあります
    スポンサーリンク

    シェアする

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です