容量無制限のamazonプライム・フォトがリリース!Googleフォトから乗り換えるべきか?

シェアする

pp-kv

 2016年1月21日より、「amazonプライム・フォト」が日本でも使えるようになりました。先行する同様のサービスとして「Googleフォト」がありますが「amazonプライム・フォト」の最大のメリットは、「容量無制限かつ無圧縮で保存可能」なところです!使い勝手は如何に!早速試してみました!

スポンサーリンク

「amazonプライム・フォト」とは

 amazonのプライム会員に無料提供されるサービスです。既にプライム会員(年間3900円)の方はすぐに「amazonプライム・フォト」を利用することができます。プライム会員に未加入の方も、「30日の無料体験」が用意されていますので試用可能です。

amazonプライム

 昨年後半より、プライム会員用の特典として「プライム・ビデオ」や「Prime Music」がリリースされ話題を集めましたが、今回はその第3弾。「プロの使用」も想定に入った本格的なフォトクラウドサービスの登場です。

「amazonプライム・フォト」の特徴は?

・容量無制限
・無圧縮で保存可能
・RAWデータも保存可能
・動画の無料保存は不可
・必要最小限の簡素なビューアー

正に質実剛健、本格的な「プロ仕様」になっています。

 基本的にWebサービスですので、ブラウザーで「amazon cloud drive」にログインすれば、写真のアップロード・閲覧・編集・ダウンロードなどの作業を全て行うことができます。また、「PC用 と Mac 用 Cloud Drive アプリケーション」をセットアップすれば、PC上の写真を自動的にアップロードすることも可能です。更に、iOS及びAndroid用の専用アプリを使えば、アプリ内で全ての作業が完結可能、もちろん自動アップロードにも対応しています。

 また、各端末側のストレージと「同期」を行わないので、クラウド側で写真を削除するとストレージ側のデータが消えてしまうという心配もありません。もちろん、ローカル側とクラウド側のデータを手動で管理する必要があり面倒ではありますが、写真のバックアップ用途としては手堅い仕様であると言えます。

対する「Googleフォト」の特徴は?

・1600万画素までの写真なら無制限でアップロード可能
・1600万画素を超える写真を自動的に圧縮してアップロードするオプションあり
・RAWデータはJPEG形式に変換される
・フルHD(1920×1024)までの動画を無制限保存可能
・遊び心のあるビューアーとアシスタント機能

画素数や解像度に制限はありますが、見やすいビューアーと遊び心のある「アシスタント機能」など、いわゆる柔らかい仕様になっています。

 RAWデータが保存できず、1600万画素を超える写真を大量に保存するには(15GBまでは無料)別途有料のストレージ契約が必要になりますが、私のような「素人カメラマン」にとっては十分過ぎる仕様ではあります。

さて、どちらを使う?

 どちらも甲乙つけがたい優れたクラウドサービスではありますが現段階では、

・動画が無料アップロードできる
・アップロード後の写真や動画の管理が簡単
・クラウドサービス自体の使いやすさ

という点で、私にとっては「Googleフォト」の方が便利かなと思います。

 ただし両社とも今後、付加機能や制限緩和などで鎬を削ることが予想されますので、ますます目が離せません。

 また、クラウドサービスは突然サービス提供の中止になる可能性もあるため、大事な写真や動画のバックアップ先として併用してくのが賢明な選択です。現時点では、純粋なバックアップ用途として「amazonプライム・フォト」、写真や動画を楽しむ用途として「Googleフォト」が最適かと思います。

スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です