ケーブルの抜き差しで修理に出さず復活しました@MemoPad HD7 ME173の液晶画面お化けタップ問題

シェアする

ケーブルの抜き差しで修理に出さず復活しました@MemoPad HD7 ME173のお化けタップ問題

 昨年8月に修理から帰ってきたばかりのASUSの7インチタブレットMemoPad HD7 ME173の液晶で、誤タップや誤スワイプ等が多発するいわゆる「お化けタップ」現象が発生しています。ユーザデータとアプリケーションデータのバックアップが完了しましたので、まずは一安心です。

 改めて修理か新機種の購入を検討するわけですが、その前に一度試してみたいことがありました。それは、分解して内部の清掃とケーブルの抜き挿しです。

スポンサーリンク

私のME173に現れている不具合の分析

 現在ME173に現れている主な症状は、

  • 誤タップ多発
  • スワイプが効かないことがある
  • スワイプの開始地点をタップと誤認識していまうことあり
  • 主に画面下部で症状多発
  • です。この内、特に注目したいのが「主に画面下部で症状多発」です。いわゆる部分的な障害ですね。

     この場合不具合の発生箇所としては、

  • 液晶本体の下部
  • メイン基盤
  • ケーブル
  • が考えられます。「液晶本体の下部」や「メイン基盤」「ケーブル本体」に不具合がある場合は、故障ですので修理で故障個所の部品を交換してもらう以外に復旧させる手段はありません。

    修理以外の方法はない?

     しかし、「ケーブルの接触不良」に原因がある場合は、「コネクタ部分の清掃」、「ケーブルの抜き差し」で復旧できる可能性もあります。パソコンの不具合でも、「ケーブル抜き挿しで一発復活!」というのは良くあるケースです。特にタブレットの場合は、

  • 頻繁に持ち歩く
  • 操作する際は必ず本体を触る
  • という特徴がありますので、

  • ゴミが内部に侵入したことによる接触不良の発生
  • ケーブルが外れかけている
  • 十分に可能性があると思います。

     ただし、

  • 裏ぶたを開ける
  • ブロアーで埃を吹き飛ばす
  • ケーブルを抜き差しする
  • 汚れた箇所があれば綿棒などで清掃する
  • 程度の簡単な作業でも、分解に相当しますので、以降「メーカーサポートは受けられない」ことは覚悟する必要があります。特に、メーカー保証期間中はリスクが大きいため、素直に修理に出すのが正解です。現に、私も保証期間内に同じような症状が発生した際は修理に出しました。

    あくまで自己責任で分解・清掃作業をしてみたところ…

     今回の私のケースでは、

  • メーカー保証期間が終了している
  • 修理にかかる日数と費用を考えると「新機種購入もやむなし」と考えている
  • バックアップをとっている
  • 職業柄、精密機器の分解・修理の作業に十分な経験がある
  • 「自己責任」という概念を十分過ぎるほど理解している(笑)
  • という特徴がありましたので、躊躇なく分解・清掃作業に取りかかりました。

    結論:見事!復旧しました!

     メイン基盤に挿さっているケーブルが抜けかけていたことが原因でした!目視で確認できるほどに斜めってました…。指で軽く押して挿しなおすことで復旧です!

     メーカーの推奨している手順ではないことから、当ブログでは作業手順の詳細についてご紹介することは自粛いたします。ゴメンナサイ!

     しかし、私のような「特殊な状況」にあり、上記でご紹介した作業概要を見て具体的な作業手順がすぐに頭に浮かび、実行するスキルをお持ちの方は試してみる価値はあるかもしれません。

     ただし、同様の症状でも原因が異なる場合も十分考えられます。効果の再現性も保証致しかねますので、「あくまで私のケースでは」ということでご参考にしていただけましたら幸いです。

    ★当ブログのMemoPad HD7 ME173 故障・修理関連記事はこちら★

    【android修理日記その1】ASUSの7インチタブレットMemoPad ME173が故障したため修理に出した時のお話
     骨折ネタが続きましたので、気分を変えてASUSの7インチタブレットMemoPad HD7 ME173と、SHARPのスマホ206SHの故障ネタをしてみたいと思います(笑)。この夏、骨折をはさんでタブレットとスマホが相次いで故障しました。「どんだけ運が悪いねん!」という話ですが、起こってしま
    【android修理日記その4】相次いで修理に出したMemoPad ME-173と206SHのその後
     7月末にASUSのタブレットMemoPad ME-173が、8月末にSHARPのスマホ206SHが故障し、修理から帰ってきました。その後、極めて快調に動いてくれています。 「運が悪い」と言ってしまえばそれまでなのですが、両端末共に修理前、修理後に共通点がありましたので、少し考えてみたいと
    またもや「壊れかけのタブレット」、修理か?新規購入か?どうする?
     昨年8月に修理から帰ってきたASUSの7インチタブレットMemoPad HD7 ME-173ですが、また液晶まわりの挙動がおかしくなってきました。また修理に出すべきか新たな機種を購入すべきか悩ましいところです。 「スワイプの開始地点をタップと誤認識してしまう」など、かつて見た光景が再
    MemoPad HD7 ME173のバックアップをとりました
     前回、液晶のタップ不良いわゆる「お化けタップ」=「意図しないタップが多発する。スムーズなスワイプができない」が発生しているASUSの7インチタブレットMemoPad HD7 ME173のバックアップの目的と方法について考えてみました。  今回は、具体的にバックアップをとってい

    (追記)2015年9月にASUSのZenPad 7.0 Z370Cに乗り換えました

    のらりくらりと頑張ってくれたME173ですが、バッテリーの劣化は如何ともしがたく、同じASUSの7インチタブレットZ370Cに乗り換えました。使い勝手等のレビュー記事は下記をご参照ください。

    MemoPad HD7 ME173のバッテリーが劣化!次の相棒はASUSのZenPad 7.0 Z370Cに決定!
     1年前に液晶の不具合で修理に出し、半年前に液晶ケーブルの抜き差しで誤タップ現象をクリアしてきたASUSのMemoPad HD7 ME173ですが、ここにきてバッテリーの挙動が怪しくなってきました。 バッテリー容量の減り具合が異様に早い 残容量が一気に半分以下に減少する 満充電の状態か
    ASUSの7インチタブレットZenPad 7.0 Z370Cを3か月使ってみてわかった長所と短所
     MemoPad HD7 ME173の後継として導入したASUSの7インチタブレットZenPad 7.0 Z370Cですが、購入当初は「手のかかるやんちゃなヤツ」でしたが、何とか「飼い馴らし」毎日の通勤の欠かせぬ相棒となっています。  3か月間使ってきてわかったZenPad 7.0 Z37
    Z370Cが突然バッテリー残量低下!起動しない!対策は?
    先日のとある朝のこと。寝る直前に十分なバッテリー残量があったはずのASUS Zenpad Z370Cが起動しません。バッテリーの容量不足のようです。スリープ状態だったのに、たった6時間で90%以上放電してしまった?常駐ソフトの暴走?本体異常?バッテリーの限界?色々考えられるところではあります
    スポンサーリンク

    シェアする

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です