久しぶりに見入った電車の中吊り広告~紙がサメに食いちぎられてる?

シェアする

shark

 大阪市営地下鉄で面白い中吊り広告を見つけました。広告がサメに食いちぎられてる?
 海遊館で開催中のイベント「シャークワールド ハンターたちの捕食に迫る!」の広告なのですが、紙の端をサメが食いちぎっているような演出になっています。私が見つけたバージョンは、実際に紙が破れているわけではなく、影をつけて立体的に見せている、いわゆる騙し絵でしたが、実際に紙が破れているバージョンもあるようです。

「シャークワールド」ポスター Twitter緊急プレゼント!応募は8/6まで

現物のポスタープレゼントもやってるようですね。ちょっと、欲しいかも…。

スポンサーリンク

コンテンツが途中で破かれていると、続きが気になって仕方がない!上手い!

 「サメたちが口を開けて待っている…」「25年目の海遊館。テーマはサメのハンティングだ…」などのキャッチコピーや写真の途中が破れていますので、続きが気になって仕方がありませんね。とても上手い演出だと思います。

 また、「背筋、こおらせたろか。」のキャッチフレーズが何とも大阪的で素敵です。

 ちなみに、このキャッチフレーズ、正しい大阪弁で発音するのが難しいフレーズとなっております。「すじ、おらせたろか。」太文字に強めのアクセントをつけていただくとそれらしく聞こえるかと思います(笑)。「せすじ」を「せっすじ」と発音していただいても効果的かと。

久しぶりにまじまじと見入り、感心した中吊り広告でした

 最近、電車の中ではタブレットで本を読んでいることが多く、中吊り広告をまじまじと読むことはほとんどないのですが、これは思わず見入ってしまいました。満員電車でしたので、その場で写真を撮るのははばかられたため乗客が降りる終点まで足を延ばしてしまいました。また、複数のバージョンがあるとなると、逆に積極的に探してみたくなりますよね。

 「紙を破る」という極めて原始的な手法でこれだけインパクトのある表現ができるわけですから、中吊り広告に限らず苦戦が続く紙媒体も、まだまだ捨てたものではありません。

 目から鱗、いいものを見せていただきました!

 ちなみに、本イベント「25周年特別展示 シャークワールド ハンターたちの捕食に迫る!」は大阪天保山の海遊館で2015年7月17日~2016年5月8日まで開催中です。

海遊館【25周年特別展示】シャークワールド~ハンターたちの捕食に迫る!

こちらのイベントページも、HTML5のレスポンシブデザインでシンプルにまとめられていますので、是非一度ご覧になってください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です