Windows10のサインイン時に使用するアカウントをローカルアカウントからMicrosoftアカウントに切り替える

シェアする

Windows10のサインイン時に使用するアカウントをローカルアカウントからMicrosoftアカウントに切り替える

 Windows10のサインイン時に使用するアカウントには、Microsoftアカウント、ローカルアカウント、ドメインアカウントの3種類があります。

ドメインアカウントについてはまだ未検証なのですが、Windows7からのアップグレード時におけるMicrosoftアカウントおよびローカルアカウントの挙動について書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

Windows10のアップグレード時に、旧OSのローカルアカウントは全て移行されます

 Windowsのサインイン(ログイン)時にMicrosoftアカウントが要求されるようになったのはWindows8からです。不評でしたよね…。

従いまして、現在Windows7を使われている方のほとんどはローカルアカウントで運用されていることと思います。

Windows10のアップグレード時には、このローカルアカウントは全て引き継がれ、従来のローカルアカウントとパスワードでサインインすることができます。

アップグレード時に移行されたローカルアカウントからMicrosoftアカウントに切り替える。ユーザープロファイルはそのまま引き継がれます。

 ただしWindows8以降、Microsoftの推奨するサインイン方法がMicrosoftアカウントになっています。このままローカルアカウントで運用しても何ら問題ないわけですが、Microsoft謹製のアプリケーション群をメインで使用するなら、OSごとMicrosoftアカウントに紐づけてしまった方が何かと便利かもしれません(この辺りのメリット・デメリットはまた後日まとめてみたいと思います)。

Windows10のユーザーアカウントの種類とMicrosoftアカウントの関係
 前回の「Windows10のサインイン時に使用するアカウントをローカルアカウントからMicrosoftアカウントに切り替える」でWindows7からのアップグレード時に引き継がれるローカルアカウントをMicrosoftアカウントに紐づける手順をご紹介しました。  今回は、新たにWin

プロファイルの移動をせずにローカルアカウントとMicrosoftアカウントを紐づけできます

 でもアカウントの新規作成となると、ユーザープロファイルの移動やら、環境設定のやり直しやら何かと面倒ですよね。結論から言いますと、

Windows10のローカルアカウントと既存のMicrosoftアカウントを紐づけることで、ローカル環境をそのままMicrosoftアカウントに引き継ぐことができます。

切り替え作業は少々面倒です

 アカウントの紐づけ作業の手順は以下の通りです。

手順1.スタートボタン→最上部アカウント名が表記されている部分を左クリック→アカウント設定の変更を左クリック

Windows10アカウント切り替え手順1

手順2.「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」を左クリック

Windows10アカウント切り替え手順2

手順3.Microsoftアカウントを既に持っている場合は、作成時に登録したメールアドレスとパスワードを入力
 Microsoftアカウントを持っていない方は、「作成しましょう!」から新規作成可能。

Windows10アカウント切り替え手順3

手順4.現在使用しているローカルアカウントのパスワードを入力する

Windows10アカウント切り替え手順4

手順5.「パスワードは時代遅れです」なる画面が表示されますが、取り合えずスキップしておきます…。

Windows10アカウント切り替え手順5

手順6.これでMicrosoftアカウントに切り替わります。最後に「本人確認」をクリックし、登録メールアドレスを入力するとMicrosoftからセキュリティーコードがメールで届きますので正確に入力して終了です。

ユーザープロファイルはローカルアカウントのものがそのまま踏襲されます。

Windows10アカウント切り替え手順6

 逆の手順でMicrosoftアカウントからローカルアカウントへの切り替えも可能です。

スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です