Windows10でスタートアップに自動起動させたいアプリケーションを登録・削除する方法ーWindows7からバージョンアップされた方向け

シェアする

w10stup-1
PCの起動時に自動的にブラウザやメールソフトを起動したいーこんな時は、Windows7までの環境なら「スタート」→「すべてのプログラム」→「スタートアップ」に自動起動させたいアプリケーションのショートカットをコピーすればOKでしたよね。
Windows10環境で同じことをしようとすると…、「スタートアップ」が無い!実はWindows8から「スタートアップ」関連の設定方法が少し変更になっています。Windows7から8を飛ばしてバージョンアップされた方も多いかと思いますので、スタートアップの登録・削除の方法についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

Windows7環境でのスタートアップフォルダの場所は

C:\ユーザー\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタート メニュー\Programs\スタートアップ

にあり、「スタート」→「すべてのプログラム」の中に「スタートアップ」が表示されていたため、ここに起動させたいアプリケーションのショートカットをコピーしたり、起動させたくないアプリケーションのショートカットを削除したりすることができました。
そのため、Windows7までは上記フォルダの場所を知っておく必要はなかったのですが…。

Windows10環境でのスタートアップフォルダの場所は

C:\ユーザー\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタート メニュー\Programs\スタートアップ

実は、フォルダの場所自体はは変わっていないのですが、Windows8以降は「スタート」→「すべてのプログラム」の中に「スタートアップ」が表示されなくなりましたので、上記フォルダを手動で開く必要があります。

Windows10環境でのスタートアップフォルダの場所

Windows10環境でのスタートアップフォルダの場所

(注)「AppData」フォルダは隠し属性が設定されていますので、エクスプローラーのメニューバー内の「表示」→「隠しファイル」にチェックをいれてください。
「AppData」は隠しフォルダー

「AppData」は隠しフォルダー

Windows10起動時にアプリケーションを自動起動させたくないアプリケーションをスタートアップから削除する方法

直接スタートアップフォルダからショートカットを削除してもいいのですが…

・上記フォルダから自動起動させたくないアプリケーションのショートカットを削除
・全ユーザー対象に自動起動が設定されている場合は、
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\スタート メニュー\Programs\スタートアップ
(「ProgramData」フォルダも隠しフォルダになっています)
から、ショートカットを削除

でもいいのですが、Windows7に慣れている方は「システム構成(msconfig)」を使う方が簡単ですよね。

Windows8以降はシステム構成(msconfig)の「スタートアップ」機能がタスクマネージャーに統合されています

システム構成(msconfig)」の起動方法は、Windows7、Windows8、Windows10共にスタートボタン近辺の検索窓から

msconfig→エンター

でOKですが…、

Windows8以降は「システム構成(msconfig)」内に従来の「スタートアップタブ」はあるのですが、機能は「タスクマネージャー」に統合されています…。

最初からタスクマネージャーを起動しましょう。

・「スタートボタン」右クリック→「タスクマネージャー」
・「Ctrl+Alt+Del」→「タスクマネージャー」

で起動するのが手っ取り早いかと思います。

起動時に読み込むプログラムを停止してWindowsを高速化

「タスクマネージャー」内の「スタートアップ」タブで自動起動させたくないアプリケーションを右クリックし「無効」を選択すればOKです。

不要なプログラムの自動起動を無効にすることによって、Windowsの起動が高速化するだけでなく、メモリ消費を抑えることもできますので、Winddows全体の高速化も期待できます。

Windows8以降はタスクマネージャーに統合された「スタートアップ」機能

Windows8以降はタスクマネージャーに統合された「スタートアップ」機能

最初にご紹介した、「スタートアップフォルダからアプリケーションのショートカットを削除する」方法と違って、一旦無効にしたアプリケーションを再度有効にすることも可能です。

ただし、「タスクマネージャー」内の「スタートアップ」タブでは「新たに起動するアプリケーションを追加する」ことはできませんので、追加する場合はスタートアップフォルダ内に直接ショートカットをコピーする必要があります。

「バックグランドアプリ」をオフにしてWindows10を高速化

スタートアップによる自動起動以外にも、Windows10ではカレンダーやEdgeなどがバックグラウンドで動いています。

こちらもあまり使わない「バックグランドアプリ」を無効にすることによって高速化が可能です。また、ノートPCやタブレットではバッテリーの消費を抑えることもできます。

「設定」→「プライバシー」→「バックグランドアプリ」
w10stup-5

「設定→プライバシー→バックグラウンドアプリ」から不要な機能を無効にする

から設定可能です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です