新ファミマの「甘み焙煎コーヒー」を飲んでみました!

新ファミマの「甘み焙煎コーヒー」を飲んでみました!

2020年10月20日からファミリーマートの「ブレンドコーヒー」がリニューアルされました。
「本当においしいブラックコーヒーは、甘い。」のキャッチフレーズのCMをご覧になった方も多いかと思います。「甘み焙煎コーヒー」とはどのようなコーヒーなのでしょうか。

スポンサーリンク

以前は濃厚な甘さ。リニューアル後のファミマのコーヒーはどのように変わったのか?

先日更新を再開した当ブログですが、ブログの開設当初の2014年の8月にコンビニのホットコーヒーの飲み比べ企画を打っていました。

大手コンビニのコーヒーを飲み比べてみました~2014年夏ホットコーヒー編~
 今年の夏も暑いですね。外はうだるような暑さでも、オフィスの中は程よく冷えていて、長時間座っていると熱いコーヒーが無性に飲みたくなりませんか。お昼休みの帰りに喫茶店に立ち寄って一服するのもいいのですが、懐事情が寂しい私のようなサラリーマンに...

当時のファミリーマートのホットコーヒーの印象は、深煎りの苦みと甘みが上手にブレンドされた「大人のコーヒー」というものでした。その後何回かリニューアルされたようですが、今回はどのように変わったのでしょうか。

香りはやや控えめ

コンビニコーヒーは、抽出されるのを待っている間に漂う香りも楽しみの一つですよね。以前はいかにも深煎りの脂っこい濃厚な香りだったのですが、今回はやや酸味のある軽めの香りが漂ってきます。

抽出中の香りはやや控えめ

淹れ上がりのコーヒーの香りも控えめで、当然ではありますが、香りもかなりリニューアルされているようです。
「本当においしいブラックコーヒーは、甘い。」とは如何なるものか?心して飲んでみました。

甘いか?いや甘くない!

基本さっぱり風味、後味で甘い余韻が楽しめる上質のコーヒーでした

一口目。甘いか?いや甘くない…。
以前と比べて苦みはそれほどない。酸味はやや感じる。が、甘いか?いや甘くはない…。
が、物足りない味わいでは決してない。いやむしろ心地よい甘い余韻がほのかに残り消えない。そう、余韻が甘いのだ。

基本さっぱり風味、後味で甘い余韻が楽しめる上質のコーヒーでした

全体的なさっぱりとしたテーストなのだが、やはり甘い余韻が中々消えない。
上あごから鼻にかけて薄い膜をかけられたような心地よい後味。決して水を口にしたくない幸せな余韻。これがほのかに甘くずっと漂っている。

温度が下がっても味のバランスは変わらず、最後まで幸せな余韻が楽しめます。

深煎り特有の濃厚な甘さを想像していたのが、見事に裏切られた。想像のはるか上を行く凄いコーヒーでした。

いやあ、これが150円は安いなあ。

ブレンドS 100円(税込)
ブレンドM 150円(税込)

新 ファミマの甘味焙煎コーヒー
豆の配合、焙煎を一から見直し。コーヒー本来の甘みを引き出す「甘味焙煎」に辿り着き、最後の一滴まで美味しく楽しんで頂ける一杯に仕上がりました。

コメント