世界一美味いカレー?「カップヌードル マッサマンカレー ビッグ」を食べてみた!感想は?

シェアする

マッサマンカレー ビッグパッケージ
 強烈な寒さが続く2014年の12月。こう寒いと暖かいものが食べたくなりますよね。しかもお手軽に食せれば最高です。ということで(笑)、前回の「近大マグロラーメン」に引き続いて新作のインスタントラーメンを食べてみました。今回は、「カップヌードル マッサマンカレー ビッグ」。日清食品から11月25日に発売された新作です。「世界一美味いと話題のタイ南部のカレー」が素材とのことで、期待度大です。

スポンサーリンク

そもそも「マッサマンカレー」って何?食べれるの?美味しいの?って、そりゃ美味しいんでしょうね(笑)

 「世界一美味いカレー」の根拠は、アメリカの情報サイト「CNN Go」が2011年に発表した「世界で最も美味な料理ランキング50」で1位を獲得したことにあるようです。ちなみに、2位はイタリアのナポリタンピザ、3位はメキシコのチョコレート、4位は日本の寿司、5位は中国の北京ダックとのことです。

 日本の寿司(と漠然と言われても困ってしまいますが…)や中国の北京ダックを抑えて堂々の1位ですから、かなり美味しいはずです(笑)。

トムヤムクンヌードルに続くエスニックシリーズ第2段?

 今年の4月に発売された「トムヤムクンヌードル」は発売直後から大ヒットで、生産が追い付かずすぐに店頭から姿が消えました。私も「辛いもの好き」ですので早速食べてみましたが、いたずらに辛すぎることもなく期待以上の美味しさでした。今回の「マッサマンカレー」はエスニックシリーズの第2段なのでしょうか?

 1971年の発売以来、累計販売数310億食を誇る「カップヌードル」は、やはりベーシックな「しょうゆ味」が一番おいしいと思うのですが、新顔「マッサマンカレー」は上位に食い込むことができるのでしょうか?近所のスーパーで購入してみました。178円(税抜き)、この大きさでは標準的な値段です。

マッサマンカレー ビッグパッケージ正面

ど派手なパッケージとゴロっと大きな具材

 高級感溢れる紫地のボディーに、オレンジと黄色のグラデーションで「マッサマン」。とにかく派手です!そして「世界一美味いと話題のタイ南部のカレー」「マッサマンカレー」のサブタイトル。景品表示法上大丈夫かしら?などと余計な心配をしてしまいます(笑)。

マッサマンカレー ビッグ具材

 具材は「ポテト、蒸し鶏、ネギ、ニンジン」、ゴロっと大きな蒸し鶏とポテトが目を引きます。他のカップヌードルシリーズと同様、お湯を入れれば3分で出来上がりです。色も香りも普通のカレーヌードルと変わらずスパイシーです。では、早速実食です。

マッサマンカレー ビッグ完成

実食…万人向けの味ではありませんが、美味でした!

 まずは、スープから。複雑な味です!ココナツミルクの甘さと、カレーの辛さの後ろに魚介系のコクがしっかりと効いています。「世界一美味い」かどうかはさておき(笑)、独特の味わいです。万人向けの味ではなく、好き嫌いがはっきりと分かれると思います。

 麺は、カップヌードル定番の油揚げ麺です。スープをしっかりと吸い、スープのこってり感と相まってかなりボリュームがあります。

 具材のポテト・蒸し鶏は大きめにカットされており、こちらもスープに良く合っています

 総評は、「世界一美味い」かどうかはさておき(笑)、美味しかったです!ただし、かなり「こってり」かつ「味が濃厚」かつ「ボリューム満点」ですので、あっさりしたラーメンを少しだけ食べたい時に選んでしまうと、間違いなく後悔すると思います(笑)。「忘年会帰りの夜食」などというシチュエーションでは避けた方が賢明かと思います。

 かなり独特な味わいでしたので、次回定番の「カレーヌードル」と食べ比べてみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です